DOC地域


メッツァーネ渓谷。この渓谷は南端のラヴァーニョ(ヴァーゴ)から始まり、北はサンマウロ・ディ・サリーネまで広がっています。気候は全体的に安定していて、扇状に広がる谷が地形の特徴となっています。土壌には堆積された石灰岩を含む細かい砂利が混ざっています。

ヴァルディッラージ(イッラージ渓谷)。 イッラージはレッシーニ地方最大の谷の1つであり、また最長の谷でもあります。その中心を流れる川が、この土地を西部と残りの中央及び東部に分断しています。レッシーニ山脈はここで南部に向かって緩やかに傾斜しています。平均傾斜率は2~4%ですが、平らな場所もところどころに点在しています。

扇状に広がる谷が地形の特徴となっており、土壌には堆積された石灰岩を含む細かい砂利が混ざっています。

カッツァーノ・ディ・トラミーニャ渓谷。 イッラージの東に位置するこの渓谷は、イッラージ渓谷よりもはるかに短く、カンピアーノ周辺の丘からソアーヴェの南にまで広がっています。この地にはソアーヴェの丘の他に、レッシーニ渓谷の中では最東端に当たるヴァルダルポーネが含まれています。擬灰岩と火山質の土壌が多く含まれる土地としても知られています。石灰質と火山質が混ざるボルカから、モンテッキア・ディ・クロサーラとモンテフォルテ・ダルポーネの南に位置する平原まで広がっています。

SOCIAL


NEWSLETTER


日本語