ヴァルポリチェッラDOC


昔ながらのヴァルポリチェッラは若く上質なワインで、繊細かつフレッシュな香りと、ドライもしくはやや柔らかい口当たりを特徴とする、活発で飲みやすい赤ワインです。ヴァルポリチェッラで昔ながらに用いられる製法に幾らか手を加えて作られます。.

「スペリオーレ」と呼ばれる種類はより高い品質を持ち、最良の農園で採れたぶどうを用いています。時には軽く乾燥させることによって、より強いアルコール度数とストラクチャーを実現します。市場に出す前に、少なくとも1年熟成させる必要があります。

合わせ方
伝統的なものは前菜、軽い1皿目(パスタなど)、白い肉などによく合いますので、爽やかな夏の料理などと一緒に楽しむこともできるでしょう。「スペリオーレ」はより強い風味があるので、メインの赤身の肉料理や、ある程度熟成させたチーズなどに合わせることができます。


最も使用される栓:

単体の天然コルク、圧搾コルク、テクニカルコルク、ステルビン(スクリューキャップ)

官能特性




飲み頃温度: 14 - 16°C

官能特性


飲み頃温度: 14° - 16°

ルビーレッド、古いザクロ石

特徴的、チェリー、繊細、心地良い、苦いアーモンド、ピンク、淡い、ぶどう酒らしい

苦み、ハーモニー、しっかりした、ドライ、フレッシュ、風味のある、心地良いタンニン、ビロード、活発

エレガンス、バランス、洗練

規定をダウンロード

SOCIAL


NEWSLETTER


日本語