ヴァルポリチェッラ・リパッソDOC


ヴァルポリチェッラ・リパッソは中程度のストラクチャーと安定したアルコール度数を持つワインで、アマローネとレチョートを作る時に出る搾りかすを、ベースとなるヴァルポリチェッラと一緒にして再発酵させることにより作られます(「リパッソ」には再び通す、という意味があります)。この工程によりアルコール度数は上がり、ポリフェノール物質と他の抽出物も増加します。世界でも他に類を見ないしっかりしたボディ、顕著な丸み、および長期の賞味期限を持つのはそのためです。

合わせ方
ストラクチャーのある心地良い味わいが特徴なので、冬の間の1皿目(パスタなど)、またはメインの肉料理、焼肉、サラミ、中程度の熟成チーズに合わせることができます。


最も使用される栓:

単体の天然コルク、圧搾コルク

官能特性




飲み頃温度: 15° - 18°

官能特性


飲み頃温度:15° - 18°

濃いルビーレッド、刺激的、赤の反射、古いザクロ石

特徴的、ベリー、心地良い、バニラ、ややエアリー

洗練、調和の取れた、しっかりした、包み込むような、フル、ドライ、ビロード

上級

規定をダウンロード

SOCIAL


NEWSLETTER


日本語